森林組合とは・・・
中津川市森林組合は、市内の森林所有者の共同組織として、森林所有者の経済的、社会的地位の向上を図るとともに、 森林の保続培養及び森林生産力の増進を目指しています。
近年の森林、林業を取り巻く情勢は、木材需要の減退、木材価格の低迷等を反映して、生産活動が停滞し、管理が適切になされていない 森林が増加するなど、極めて厳しい状況にあります。
このようななかで、森林の持つ多面的機能を発揮させていくため、森林の適正な整備及び保全を図ることが重要であり、 特に、地球温暖化防止対策の柱をなす森林づくりを積極的に進めています。

設立 平成16年6月1日 (旧中津川、坂下、川上、福岡、蛭川)合併
事務所
  中津川市かやの木町2番3号 0573-65-1128
組合員と
出資金
組合員数出資口数出資金
4,697人 932,207口 93,220,700円
総代および
組合員数

中津川 坂下 川上 福岡 蛭川 山口 地域外 合計
総代数 99人 17人 10人 48人 26人 10人 210人
組合員数 2250人 387人 174人 911人 527人 200人 248人 4697人
(H21.6.30現在)
 
森林整備事業(植栽・下刈・枝打・間伐・除伐他)
林産事業(伐採・運搬・販売・利用間伐・支障木除去等)
購買事業